フィンテックサービス|株式会社CREDO-COMMERCE(クレドコマース)は仮想通貨ビットコインについて〜各種決済の代行サービスのラインアップのご提供を行っております。

BTC-Payment
Company-Information
BTC-payment決済代行サービスサポート窓口
株式会社CREDO-COMMERCE
お問合せ:info@btc-payment.net
電話番号:03-6905-7088
FAX番号:03-3905-7098
受付時間:月〜金9:00〜17:00(土日祝休業)
※本件に関するご返信は、件名を変更せずに本メールに直接ご返信下さい。

フィンテックサービス

ここ最近よく目にしたり聞いたりする言葉ですね。
実際なんのことだかわからない方も多いと思うので一つ一つ紐解いていこうと思います。

実際フィンテックに位置するサービスはとても身近なところにあります。

それは貯金が記録できるスマホアプリ、ネットショップなどの決済代行サービスです。

従来、会社の「経理・会計」は会計士、個人の「決済・貯金・貯蓄」は銀行など最終的には人間が手を加えおりました。

ですが、フィンテックサービスは会社の「会計・経理」から個人の「決済・貯金・貯蓄」ビットコインなどの「暗号通貨(仮想通貨)」など多義に渡って展開されているのが特徴です。これらは気軽に利用できるためきぼんの金融サービスなどを揺るがすと言われています。

要するに人の手が不要になる可能性が高いのです。

米国で先行しているこのフィンテック。これが浸透すれば個人の生活や会社の取引慣行など大きく変える力を持っております。

米国ではすでに浸透してきていますが日本では2015年頃から注目を集めています。
ですので、フィンテックという言葉に馴染みがないのが頷けます。

アメリカは2008年のリーマンショック後からある考え方でありますが、なぜここまで発展したのでしょう。

端的にまとめますと、リーマンショックで多くの人間が銀行へ不信感を募らせ、新しい金融サービスを求めました。そこに元々金融業界にいた人たちがIT業界に参入した結果生まれたサービスと言えます。

フィンテックサービスが浸透すれば、お金の管理は確実にしやすくなり、資産運用の面でもコストやハードルが下がることが伺えます。特に会計や決済などのサービスが充実することで個人間での取引が活発になり起業する人が増えると予想されます。こうした利点を生かし様々な市場の活性化に繋がると考えられます。

フィンテックサービスが利用できるシステムが導入されていることが前提ですが、買い物で財布やクレジットカードが必要なくなります。

これはフィンテックの個人間での送金ができるという特性を生かして行います。スマホにバーコードを読み込ませ、そこで自分のスマホの中に入っているお金(仮想通貨)を送金します。そうすることで店員とも会話することもなく、商品を購入することができる可能性があります。またレジに並ぶという手間も省けます。

また銀行を介さず企業間で送金ができます。
従来企業同士の取引は銀行を介してお金の送金を行います。

ですがフィンテックが浸透るれば文字通りの「企業間での送金」ができるわけです。
銀行に行くという手間も省けますが、手数料がほとんどかからないという最大の利点を活かせます。

現状日本はITに関しても言えることですが米国の後の技術を追いかけている状況です。
海外では大盛り上がりなこの「フィンテック」。
日本んも「フィンテック」に関するインフラを早急に整えるべきだと我々は考えております。

PageTop